本文へ移動
社会福祉法人慈川会
児童養護施設
チルドレンズ・ホーム

〒311-0108
茨城県那珂市額田北郷771-1
TEL.029-298-0661
FAX.029-298-0660
 

施設長の部屋

6月20日

「施設長の部屋」改革案第2弾!!

先日、職員さんから「施設長の部屋」への感想が届きました

その中での一番の盛り上がり事項は…


「長い!!」


ということで、今後は短めにしていこうと思います

今日は、訪問してくださった方との素敵な出会いがありました。

その内容は長くなりそうなのでまたの機会に…

では、今日はこの辺で

6月12日

児童養護施設への入所は児童相談所からの「措置」という形で行われます。

何らかの理由で家庭で生活できなくなる(児相が判断する)と、通常「一時保護所」

というところで生活をします。そこから家庭に戻れたり、施設に来たりするのですが、

一時保護所がいっぱいだと施設に一時保護の委託が行われます。

一時保護所が空き次第、移ることが基本なのですが、長期になることも多々あります。

今年度に入りその「一時保護委託」はなかったんですが

6月に入り立て続けにやってきました。

昨年度、一時保護所は女子がいっぱいだということだったのですが、

今年度は男子がいっぱいだそうです。

児相から打診があり、ほとんどがその日のうちに施設にきます。

大体、時間問わず、緊急なんですよね。

来る子どもも大変ですが、受け入れる職員も大変です。そしてホームの子どもたちも。。。

来る子どもは着の身着のままなことが多いですかね。

受け入れる職員も、ホームの子どもの世話をしつつ、バタバタと準備をします。

ホームの子どもの反応は様々ですね。

自分の生活空間に突然入ってくることに順応が難しい子ももちろんいます。

そういえば数年前、高校で寮生活をしている子がいて週末に帰ってきてたのですが、

週末ごとに違う子が出たり入ったりしていたため

「また違う子がいるよ。今度はいつまでいるの?」なんて笑っていましたね。

変化に弱い子にとってみたらあまりよろしくない状況なのですが

定員を満たす必要のある「施設側の事情」によって、そのような子には

ストレスを与えてしまっています。職員さんはそんな子へのケア、そして

入所してきた子どものケアを並行して行わなければならず、大変なひと時です。

入所してくる子がどんな特徴を持った子かがほとんどわからないですからね。

その子自身、また、他の子どもたちとの関係における安定のために

何に配慮すればよいのか、どのように接すれば安定につながるのか、

最終的にはその子を含めた寮の生活全体の安心・安全につなげなければならず、

手探りではありますが、ここが職員の腕の見せ所といったところでしょうか。

施設長となった今、直接対応することはほとんどなくなりましたので、

最前線で頑張ってくれている職員さんには感謝しかありません。

では、今日はこの辺で

6月1日

5月も無事終わり6月に突入!!

どのお仕事もそうでしょうが月末は慌ただしいですね。

先月28日には小学校で運動会がありました。

ホームでは小学校の広報委員を務めており、他の委員さんと共に

広報誌に載せる競技の写真を撮りまくりました

広報委員の腕章を頂けるのでトラック内に入れるんですよね

広報誌を作るのは大変ですが、

間近で子どもたちの頑張る顔を撮影できてgood

走ってるのにカメラ目線の子や、写真みせて~と寄ってくる子、カメラを向けても無反応な子…

反応は様々でしたで、それがまた面白い

撮影の腕はさておき、子どもたちの成長の1ページを残すことができました。

以前は町内運動会も兼ねており、大盛り上がりでしたが、コロナ禍の現在は

小学校のみ、午前中で終了する運動会でした

そういえば、中学校は平日の午前中のみでしたね。。。

個人的には淋しいかぎりですが、これも時代の流れですかね~。

では、今日はこの辺で。



5月26日

施設長の部屋を始めたのはよいのですが

使い方をあまり把握せずに勢いでスタートしたため

周りの皆様を巻き込んであたふたしております

まあ、チャレンジすることが大切‼と常日頃発信しているので

これも改善のチャンスと捉え楽しみます。

今日発覚したのは、

①スマホからだと施設長の部屋になかなかたどり着かない問題

②更新したときの通知がわかりづらい問題

事務方に全てお任せしてちょいと改善感謝です!

そして今日は母となった卒園生からも電話が

応援するとともに、母のその姿にジーーンとしたり。。。

この仕事の醍醐味でもあり、責任の重さを感じるときでもあります。

ホームがホームであり続けられるよう頑張らねばです!!

では、今日はこの辺で

ちゃんと改善事項が反映されてるといいなぁ





ご訪問いただきありがとうございます。

今年度より施設長となりました、山本聖治です。

チルドレンズ・ホームに入職して早20年が経ちました。

この、わずかばかりの偏った経験からになりますが、

児童養護施設の日常を「子どもを支援する大人の目線」から

一人でも多くの方に知っていただきたいと思い、情報を発信することといたしました。

これをきっかけに、「一緒に子どもを支えたい」と思ってくださる方がいてくだされば…

なんて淡い期待も込めつつ発信していきますのでよろしくお願いいたします。

子どもたちの様子は当ホームページ内のブログで定期的に発信しております‼

最近少し止まっておりますが…そちらもご覧ください

今日は会議日。職員は子どものより良い支援を目指し様々な会議に打ち込んでおります。

感謝です

では、今日はこの辺で 




施設長交代のご報告

この度、児童養護施設チルドレンズ・ホームの施設長が
令和4年4月1日付で交代した事をご報告させて頂きます。
関 実に代わりまして山本 聖治が新たに施設長に就任致しました事をここにご報告申し上げます。
 

 
謹啓 春暖の候ますます御清栄のこととお慶び申し上げます
さて私こと 関 実は この度 令和4年3月31日をもちまして
社会福祉法人慈川会 児童養護施設チルドレンズ・ホームの施設長を退任いたしました
在任中は大過なくその任を果たせましたのも
皆様方のひとかたならぬご厚誼の賜物と存じ謹んで深謝申し上げます
なお 後任には副施設長でありました山本 聖治が就任いたしましたので
今まで同様よろしく御芳情を賜りますようお願い申し上げます 
        敬 具 
令和4年4月

                           社会福祉法人 慈 川 会 
                           児童養護施設 チルドレンズ・ホーム
                           前施設長 関 実
 
 


謹啓 陽春の候ますます御清祥のこととお慶び申し上げます
さて私こと 山本 聖治は 令和4年4月1日付をもちまして関 実の後任として
社会福祉法人慈川会 児童養護施設チルドレンズ・ホームの施設長に就任いたしました
もとより微力ではございますが施設の一層の充実発展のため職員と共に尽力してまいります
つきましては前施設長同様よろしく御指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
                                      敬 具 
令和4年4月

                              社会福祉法人 慈 川 会
                              児童養護施設 チルドレンズ・ホーム
                              施設長 山本 聖治
 
 
TOPへ戻る